東邦館のおやじの釣り日記

2006
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu   前ページ   TOPページ   次ページ   東邦館HOME

去年は20対1、今年は?
2006/05/16

朝7時半、師匠と待ち合わせたランドの桟橋へ。師匠は準備をして待っていてくれました。
早速船に乗り出発。去年も今時期師匠と船で釣りをしています。師匠との釣りはいろんな事を学ぶことができますが、何よりも気兼ねなく落ち着いて楽しい釣りなのです。
シンキングでの釣りですが昨年は20対1と言う圧倒的な釣果の違いを見せられた結果でした。
私の去年との違いはラインをタイプUからタイプWに変えたことです。昨年の私はタイプWを使いこなすことができずトラぶってばかりいて釣りにならなかったのです。今年はキャステイングも少し自信がつき師匠と同じタイプWでの釣りです。
まずオンネナイへ行きました。一投目から掛かります。魚の気配がします。沢山います。一投ごとにあたりがあります。師匠はもちろん釣れ続けてますが私にもきます。ライズも散発ですが見られます。1時間ほどやったところで場所を移動。
ヤイタイトウの瀬に移動しました。ここもオンネナイほどではありませんが飽きることなく釣ることができました。11時過ぎに食事に一度戻り2時頃から又出航。
キナチャウシの瀬に行きました。ここでは最初小さなアメマスが連続して釣れ、大きいのがいないの?と思いましたがしばらくして今日一サイズがつれ始めました。
その内、ルースニングやワカサギドライも試しましたがどちらも釣れました。ワカサギドライでは帰り際の最後にギンピカのヒメマスが釣れました。楽しい一日となりました。阿寒湖は良くなりましたね。
師匠と私の釣果は縮まりましたかね。まだ一回で判断するのは早い?

おはようございます。イトウです。
2006/05/09

昨日の夕方に大島前が開き、やっと釣りが出来るようになりました。で、早速今朝7時頃柳生さんと向かいました。
シンキングでやりはじめ5投目くらいに最初のヒット。今年最初のアメマスです。47CMありました。幸先のいいスタートです。
しばらくして掛かった魚はなかなか姿を見せません。横に走ります。少しして姿を確認するとイトウです。途端に慎重になりました。岸に寄せて柳生さんに写真を撮ってもらいました。記念になる1枚です。30CM位のは釣ったことがありますがこのサイズは初めてです。65CMくらいだったでしょうか。
その後40CM位のアメマスが釣れました。柳生さんも45CM〜50CMくらいのアメマスを2匹釣りました。今年最初の大島前でいいスタートがきれました。今年は春から縁起がイイやって事でしょうか。

今日の阿寒湖は?
2006/05/07

連休最後の今日、東京から長期滞在の柳生さんと午後から釣りに出かけました。
まず滝口へ、湾の中は全面氷は解けています。桟橋からやってみましたが反応はありません。すぐにあきらめて太郎湖へ向かいました。
太郎湖も氷はなく良さそうですがここも反応がありません。大きな鯉の群れに出会いました。釣れないかと思ってニンフを投げてみましたが、この齢ではコイはだめですね。
太郎湖はいつ来ても雰囲気のいいところです。癒し系です。あきらめて(あきらめは早いのです)
阿寒湖へ向かいます。硫黄山川インレットへ入りました。着いたときは湾の中は氷でいっぱいでしたが1時間くらいの間にどんどん氷が解けていきます。あがる頃には湾の中、3分の1位になってました。今日の気温は10度くらいです。氷の解ける早さにびっくりです。モーターボートも走り始めました。大島近辺もこの調子だとあと2〜3日で開きそうです。そろそろ本格的にスイッチを入れる準備をしましょうか。
インレットでは目の前でライズもありました。
明日の朝なんかどうでしょうかね。フライを巻く気になってきました。

解禁日
2006/05/01

来ました!解禁日です。で〜
あいさつ代わりにと言う事で桟橋で出しました。新しい竿です。ノースフェイスが出した、6番9フィート。
でも魚の反応はありません。早々にやめて阿寒川の様子を見に行きました。
最上流の滝見橋に着き、上からのぞくとやってます。
昨日からお泊りのルアーマンの方です。すると、
すぐに掛けました。50CMはあるニジマスです。すぐにリリースして何投目かに又掛かりました。それが写真の魚です。下に下りて話を聞くと、ホテル跡で午前中にすでに2匹釣られたそうで、こちらに移動してすぐに2匹釣り、私が来て2匹、6匹釣られたんですね。
その後、ホテル跡に行き話しを聞くと、午前中で釣られた方の中には20匹釣った方も居るそうです。
阿寒湖はまだ氷も多く、水温も3度でしたのでしばらく厳しいようですが、阿寒川は最高の解禁日となったようです。

06、阿寒湖湖水開き
2006/04/29

あまり良くない情報。
もうすぐ5月1日。解禁目前!なのに!
まだ、こんな状況です。

とても良い情報。
06年解禁を目前に控え、阿寒湖、阿寒川に
大きめなのを入れたそうです。 それと思えるサイズの虹らしき魚が観光汽船の桟橋の横でワカサギを追ってライズしてるそうですよ。!! 待って下さい!5月1日でないと竿は出してはいけません。

遊覧船の氷割り
2006/04/18

阿寒湖の春。例年この遊覧船による氷割りが始まるといよいよ春が来るな〜と感じられます。今日は朝から作業が始まり昼過ぎになって営業所桟橋まで来ました。結構手こずった様子でした。部分的に結構氷が厚いようです。順調に作業が進めば今月末にはお客さんを乗せて遊覧運行が始まります。
魚たちは氷を割る音に驚いていることでしょう。釣り師としては5月1日に氷がなくなることを祈ります。
ちなみに、観光協会で解氷クイズというのをやってます。阿寒湖全体で氷がなくなる日(細かい時間帯も含めて)を当てるクイズです。正解者には賞金が当たります。4月29日は湖水開きがあります。釣り人にとっては何と言っても1日の解禁ですね。

ヒメマス漁
2006/04/08

今日、朝3時半漁組のパンケトウのヒメマス漁について行きました。気温はマイナス8度、暗いうちはしびれました。太陽が昇ってからは快晴ということもあって温かみを感じてきました。漁組の桶屋さんに色々話を聞きながら釣り始めましたが仕掛けを入れてまもなく鈴が鳴り始めます。引き上げると銀鱗がまばゆいヒメマスが姿を見せます。群れが回遊してくるとあっちでも、こっちでも鈴が鳴り一気に忙しくなります。雄阿寒岳の麓の無垢の自然の中でこんな時間を過ごせる、この、幸せ、阿寒の自然の豊かさ。心が満たされてきます。
100匹以上釣れました。わずか2時間ほどでした。今日獲れたヒメマスは札幌のデパートで販売されるそうです。美味しいですよ。札幌の皆さん。ご賞味あれ!。丸井のデパ地下だそうです。

ランドのインレットで
2006/04/05

久しぶりの日記更新です。何かと忙しく日記を更新できずにきてしまいました。5月からのシーズンインを控えて問い合わせが来る様になりました。そこで、ランドへ行ってみました。まだ一面を氷が覆ってますがインレットのわずかに氷が溶けているところに鴨が十数匹、時折水中に頭を突っ込みエサを食べているようです。今年は春が早いという話です。氷りも例年に比べて薄いようです。20日頃から遊覧船で氷り割が始まります。解禁が待ちどうしい皆さん。準備はいいですか?

ワカサギ釣り解禁で始まりです。
2006/01/02

明けましておめでとう御座います。新年の初めに今日からオープンした氷上のワカサギ釣りに行ってきました。氷が20cm位の厚さになって一部ですがランドの前でテントが張られ、家族連れで賑わってました。息子を誘ったのですが断られ一人寂しく、かじかむ手をさすりながら1時間ほどやってきました。釣果は13匹程でしたが形も良く久しぶりに魚の引きを味わいました。これはこれで面白いのです。2月から3月にかけて釣れるワカサギは油も乗り腹には子を抱え、天ぷらはたまらなく美味しいのです。お薦めです。

menu   前ページ   TOPページ   次ページ   東邦館HOME

- Topics Board -
東邦館Home