館長が綴る徒然日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。
冬の時期はスキー関連の情報などもありますよ。
年間を通してお楽しみ下さい。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
久しぶりに師匠と久しぶりの大島
2008/06/04

午前中に会議で師匠と会い会議が終わって「午後から行ってみるかい」と誘われました。明日から出張でいろいろとかたずけなければならないことがあり出かけたのは4時半頃になってしまいました。
まっすぐ大島へ向かいました。着いて一番先にいつもの北の瀬へ入りました。南東の風が少し吹いていて此処の条件としてはいい感じです。波を見て少し右側の落ち込みのあたりを狙ってキャスト。魚は居ました。
1投目からかかり、2投目、3投目と連続で釣れます。群れが居るようです。7,8匹釣れてから今度は場所を変えながら様子を見ましたが雄阿寒側、その反対の湾の中とも魚は居ます。5,6匹釣って今度は湾の左側の瀬に移動。
時折少し遠いところでライズが見られます。ダブハンを持っているのでギリギリ届きそうです。ライズのあった所へうまく入ると殆ど釣れました。此処で8匹ほど釣れたところで師匠が少し離れていた私を迎えに来てくれて終了ということになりました。
2時間ほどやったでしょうか。今日もいい釣りが出来ました。
私はいつものゾンカーを引っ張ってましたが師匠達はフローテイングでモンカゲニンフをゆっくりと引っ張って結構釣っていました。モンカゲが飛んでいたので試したようです。もうすぐモンカゲですね。雰囲気が出てきました。

千本タイマツ
2008/06/01

今日から千本タイマツが始まりました。これから240日間のロングランで行われます。
マリモの里商店街、幸運の森商店街〜コタンと2箇所でほぼ同時間にそれぞれ特徴ある演出がなされています。
コンセプトは「マリモの護り火」。マリモを護ることは阿寒の自然を護る事。その心を表している千本タイマツ。
これから毎日、夜行われます。参加されてはいかがですか。

朝まずめ、夕まずめ
2008/05/29

2日釣りをしませんでした。気分を新たに?朝5時に起きてボッケへ。行く途中遊歩道を歩きながらライズを探しましたがまったくありません。
目的のボッケに着いて暫らくライズを探しましたがまったくありません。とりあえず帰るわけにもいかないので立ちこんで始めました。タイプUにするか迷ったのですが引っ掛かるといやなのでインターで始めました。フライはいつものゾンカーです。
始めて間もなくきました。魚は居るんですね。でもなぜ今日はライズがないんでしょう。一回も見ることがありませんでした。ボッケ、ジカタと移動して8匹ほど釣って7時半にあがりました。
日中は仕事をして会議をして、夕方5時半頃準備をして久しぶりに大島前へ入りました。私のほかには1人だけです。
やり始めてすぐに釣れ始めました。此処は夕方と言うこともあってか頻繁にライズがあります。途中で場所を変えて瀬に移動。此処はもっと頻繁にライズがあります。日が落ちてからは私の周り、シングルのロッドが届きそうな距離でライズがし始めました。まるでモンカゲの頃のようになってきたのです。
そこで試しにモンカゲを投げてみました。これが出たんです。2回。かかりませんでしたが興奮しますね。久しぶりのドライですから。そんな事をしながら7時過ぎまでやって10匹ほど釣ることができました。
今年は本当に好調です。好釣と言うべきでしょうか。
北側ではモンカゲが見られるようになって来たそうです。巻きましょう。モンカゲ。

3人揃いはしたけど。えっ?
2008/05/24

今朝、早々と来られた石村さん。真夜中に出発されたそうですぐにでも釣りをしたそうでしたが休んでもらって午後3時から行くことにしてもらいました。
3時に出発。歩いてボッケへ。ところが目的の場所は強風&当然波が高く釣りになりません。
そこで、来た道を戻って良さそうなところを探しますが今日は土曜日。何処も釣り人が居ます。
結局、最初にライズを見た辺りに入りました。
しかし、此処も風がけっこう吹いてます。でも、正解でした。開始間もなく石村さんのロッドが大きな弧を描いてます。魚は姿を見せません。時折強く絞り込んでいます。2〜3分かかってようやく姿を見せました。「でかい!」思わず叫んでました。ネットに中々収まりません。60cmオーバーサイズでした。写真を撮ることはあまり好きではないとのことでしたが頼んで撮らせてもらいました。
それから暫らく私にばれたりあたりがあったのですがなかなかのってくれません。それでもやっと来ました。50cmまであとチョットというサイズでした。
ボッケの手前でやっていた石川さんに電話してみると釣れてないとの事だったので誘いました。暫らくして来られた石川さん間もなく釣れました。「これで3人揃ったね」と言って寄ってきた魚を見てびっくり「えっ?」「なに?それ」「エ〜?鯉?鯉だ!」
「釣れるんだあ〜」マラブーをしっかりと口に銜えてます。いつかフライで阿寒湖で鯉を釣ってみたいと思っていた私にはうらやましい?釣果です。
今日は厳しい釣りになりましたが大きなのが最後に釣れて終わりよければという事でした。

島巡り
2008/05/13

今朝はさすがに疲れて起きることができませんでした。
午後わが家のお客様仲のいい3人組が渡っているヤイタイ島へ向かいます。島に着くと皆くつろいでいます。その表情には余裕が。
どうも釣れて・・・釣れすぎて・・・の余裕のようです。
早速始めた私にもすぐ釣れました。連続して来ます。当たりも連続。彼らは贅沢な気分に浸っている状況だったのです。それから再開した彼らも切れ目なく釣れてます。しかしサイズが今一で移動することにしました。
次に向かったのは大島。風は南西。大島では悪い風ではありません。釣りやすそうです。
やり始めて暫らく何の反応もありませんでしたが正面、左のかけ上がりのあたりと少しづつライズが始まり私に来ました。それから散発的に釣れ5時に終了。
ランドに戻りましたがまだ5時過ぎという事で大島前へいくことに。大島前には先行者は1人だけ。状況を見て正面でやる事にしました。これが大正解。一投目から来ました。それから暫らくはあたりもありバレもありで、日が暮れるまで充分楽しむことができました。
今日はユスリカが良かったようです。

ゆ〜きの降るなかで〜と歌う?
2008/05/09

今日は朝から小雪が一日中チラついていました。
そんな中東京から昼に着いた柳生さんはやはり釣りをしたいのです。
4時過ぎに大島前に入りました。北の風がけっこう吹いてます。小雪交じりで。
それでも頑張って始めました。魚は釣れるだろうと思ってましたがこの寒さに耐えられるだろうか。その方が心配なのです。気温は3度。水の中の方が暖かいくらいです。
それでもやっぱり釣れました。柳生さんは好調に釣れてます。私はかかるのですがすっぽ抜けばかり。1時間ほど頑張りましたが指先が冷たさに耐えられなくなり先に岸へ戻りました。1時間が限界でした。服には雪が積もるような状況です。岸辺の花もせっかく咲いたのに雪の中で寒そうです。帰ってきてすぐに風呂に入りました。
札幌の河原さんが来てました。朝から対岸に渡って70匹以上釣れたそうです。遠くから来られる皆さんは頑張りますね。見習わなければ。

水芭蕉のついでと言ってはなんですが
2008/05/06

今年はいろんなものが早いので季節が半月早まった感じです。
水芭蕉が結構咲き始めているということを聞き写真を撮り釣りもしようと出かけました。
夕方5時頃原野へ向かって水芭蕉の群落のある場所へ入りました。もう福寿草は伸びきっています。水芭蕉はそこそこ数が咲いてますが中にはかなり大きなものが目立ちます。周りにはヒメイチゲやエゾタツナミソウなども咲いています。今年はこんな風にいろんな花たちが早く咲き始めてます。
写真に収めて大島前に入りました。釣り人は二人。
私の目指す場所は・・・空いてます。風が西から少し強めに吹いてますが何とかなりそうな雰囲気です。
いつものダブハンにインター。フライは昨日作ったグリーンのゾンカーを付けて開始。
投げたい方向は風が強くてなかなか思うようにいきません。やむなく反対方向の風に対して横切るようなキャストになりました。それでも3投目に重たいあたり。
きたのは52cmのアメマス。それから少しの間をおきながら釣れます。一時は入れ食いのように30cmクラスのアメマスが掛かりました。
風が少し収まるすきを見て反対方向へ投げると50cm少しオーバーが釣れます。6時半頃まで遊ばせて貰いました。1時間ちょっとの間でしたが面白い釣りが出来ました。地元の強みですね。

解禁日迷ったのが・・・
2008/05/01

解禁日何処で釣るか。車に乗っても正直迷ってました。家を出て左か右かウインカーをどちらに出すか。・・・
左折です。下見をした時のライズが決めてくれました。
硫黄山川インレットです。今日はお客さんと友人と3人です。釣り人も多いだろうと思ったのも此処に来ることの決め手でもあります。案の定此処は貸切でした。
着いて私が準備している間にルアーのお客さんはもうすでにアメマスを二匹釣っています。始めた私にも数投目に掛かりました。しかし何度か首を振られてノーキャッチ。これが始まり、いや、最後でした。場所を変え、ロッドを変え、フライを変えてもラインを変えても何の便りもありません。お客さんはその後もニジマス、最後にはサクラマスと絶好調。まあ、お客さんが釣れるのはいいんですが私にも少しは・・と思うんです。8時頃朝の部終了。戻って朝食を取り午後3時まで休憩。
午後3時に出発。午後は大島前に入ることに。
此処で朝やっていた方が居て結構釣れたそうです。
私たちが入った時は他に3名ほどやられてましたが静まり返ってました。
私はなんとか釣ろうとインターでマラブーを引っ張り続けました。粘った甲斐があってやっと50cmのアメマスが来ました。今年の一匹目としては上出来です。5時半頃誰も居なくなって空いた瀬に入りました。此処はこの時期夕方日の沈む少し前頃になるとライズが始まるのです。
思ったとおり一投目から掛かりました。これは予想外でしたがそれからコンスタントに掛かり始めました。あちこちでライズも始まり暗くなり始めるまで十数匹それぞれ釣ることができました。終わりよければ・・と言うことで明日も・・・です。
今日の日中は20度を越えました。信じられません。去年は氷が漂う中で震えて釣りをしてたのに。

解禁間近
2008/04/29

解禁が近づいてきました。
今朝、日の出を見に?行って来ました。
4時半、今朝は冷え込みました。水溜りは薄氷が張ってます。阿寒湖は全面氷も解けました。1日は何処へ行こうか迷うところです。
5時10分雄阿寒岳の真ん中から太陽が姿を見せます。
インレットでは時折魚が姿を見せます。もじるような大きなヒレが見えます。鯉?イヤ、明らかにマスのライズも見えます。見逃しません。さあ〜1日は何処へ行きますかね。
薄氷の張ったところで面白い模様が出来てました。それにしても冬の間に投げられたゴミが沢山・・・・
10日にごみ拾いをします。参加します?

阿寒湖の春を告げるもの
2008/04/18

私てきにはスキーシーズンが終わっていよいよ5ヶ月ぶりの釣りシーズン入りという事になります。
フライを巻いたりロッド、リール、ラインの手入れなど一番楽しい時期かもしれません。阿寒湖の春は遊覧船の氷割から始まります。湖岸に居ると船と氷がぶつかる音が聞こえてきます。
今日湖のあちこちと様子を見てきました。遊覧船の氷割りも順調に進んでいます。もうチュウルイ島まで繋がったようです。
ランドの付近もすっかり湖面が顔を見せています。大島前にも行って来ました。状況は昨年の5月5日頃の状況です。全体に受ける印象は10日〜2週間くらい昨年より早いのかなという感じです。まだこれからの天候次第ではありますが昨年より早くなることは間違いないでしょう。(早くなっても解禁は5月1日ですが)今日の気温は14度もありました。福寿草があちこちに咲いています。
解禁に向けて準備をしなくては。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME