0 おやじの釣り日記2010 + その他 / 阿寒国立公園 阿寒湖温泉 東邦館

阿寒湖での嬉しい一枚


館長が綴る徒然日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。
冬の時期はスキー関連の情報などもありますよ。
年間を通してお楽しみ下さい。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
ユスリカのハッチで!!!
2010/05/21

3日ほど南からの風が吹き続いて南岸の釣果が落ちていました。
そこで今朝は北岸へ行こうと決め悩んでヤイタイ島へ行くことに。
雨上がりで暖かくポイントに着いたときはほぼ凪の状態、湖面は静かです。わずかにユスリカも飛んでます。
いつもの西側の瀬から釣り始めました。まもなく釣れはじめると湖面を流れ始めたユスリカを食べるライズが始まりました。南側の岸近くで沢山のライズが始まってます。急いで移動してそのライズから2匹の良いサイズを釣りましたが少し吹きはじめた風と共に去っていってしまいます。1週間ほど前にも似たような経験をしてるんですよ。またポイント移動。
元に戻って暫くするとまた南岸の今度は岸から50m位のところで盛んにライズしてます。またまた急いで移動。
近づくと先ほどとはスケールが違うかなりの広範囲でものすごいライズになってます。
ユスリカが流れているのとシャックも流れてます。水面のユスリカを食べているライズ、水面直下で食べている背びれを見せているライズ。
凄い事になりました。それが止まらないのです。3時間ほど経っても止みません。やめる予定を1時間延ばしてやってましたがこちらのほうが疲れるわ、腹は減るわで帰ることにその時でもまだライズは一時ほどではないものあちこちでしてるんです。
魚体もよく悩ましくもおもしろい釣りが出来ました。
この時期にあの規模のライズは見たことがありません。楽しませてもらいました。
虫が沢山出始めましたね。ポイントを決めるには風がポイントと言うことですね。
きのう釣れた情報には注意ですぞ。

この一週間
2010/05/20

一週間ほど前は寒さに痺れ、手足が震えるほどの中での釣りでしたが4日ほど前から少し暖かくなってきました。まだネオプレーンウエーダーは欠かせませんが。岸辺にはいつもはもう少し早くに見られる野の花が見られるようになってきました。
釣果のほうはと言うとどのポイントでもそこそこ釣れるといいますか一箇所で沢山釣れる感じではないようです。ポイントを移動しながらの釣りがいいようです。2日ほど前から良い型も目立つようになって来ましたね。ライズも沢山見られるようになってきました。
流れているワカサギを食べているライズ、ワカサギの群れを追っているボイル、気温が上がるとユスリカが出始め浮いているユスリカを食べているライズ。いろんなライズが起こります。その状況でどんな釣りをするかが釣果に繋がるようです。難しくも面白くなってきましたね。

太陽を見たい。
2010/05/14

この一週間ほど太陽を見てません。雄阿寒岳も姿を見せてくれない日々が続いてましたが今日の午後から天候は回復してくれそうです。
厳しい寒さの中での釣りが続いてましたが釣りは好調が続いてます。指先が痺れるほどの寒さを我慢しながらの釣りでした。
何処のポイントでもそこそこの釣果があります。3日ほど前には一日好調で4人並んでやって100匹ほどの釣果があったほどでした。2日程北風が吹き荒れましたがその中でも我慢してやっていれば釣れてましたので回復すればいい釣りが出来るでしょう。
ユスリカが出始めてますのでポイントに因りますが風の方向ライズの種類などは特に見極めてフライの選択ラインの選択を考えるといいと思います。
面白くなってきました。シンキングとフローテイング、シングルとダブルハンド。備えあれば・・・です。

厳しい寒さの中でも
2010/05/10

5月に入ってやっと氷りも無くなりました。いろんなポイントで釣り人の姿が見られます。シーズンインしたなあという感じですがまだまだ寒さは居座っています。今朝の気温は0度でした。陽が上がっても指先がしびれるような寒さです。
そんな中でも出掛けるんです。今朝は渡船でヤイタイ島へ向かいました。風を避けれるということもあって選んだのです。。もちろんいいポイントでもあり、私の好きなポイントの一つでもあります。
寒い中でしたが9時頃までやり結構釣れました。サイズは今一ですが楽しめました。帰って風呂に入り朝食をとり休憩して午後はゆっくり出掛けました。3時過ぎ今度は大島前、馬の瀬です。
入ってすぐに釣れましたがサイズがね〜。小さい。それでも沢山釣れた中には40cmオーバーも混ざり私にはヒメマスも釣れました。楽しい釣りは出来たんですが何しろ寒いです。震えながら帰ってきて又風呂にはいって反省会?です。
長い一日でした。遊ぶのって疲れます。

全面解氷
2010/05/06

今日の午後ほぼ全面解氷しました。これで明日からは行きたい所へ行ける訳です。
今朝は休みの師匠と東京から来た浅見さんと3人での釣りとなりました。まず、船で砂浜の沖でやりその後大島の様子を見ました何とか傍まで行けるたのですが流れてくる氷が大量で断念。小島で船を下りてやり始めました。すぐ師匠が一投目から掛けてます。私もすぐに追いつくことが出来ました。その後散発に釣れてきます。小島で2時間ほどやっている間に氷りは南東から南の風で北側へ流れて行ったので大島へ行ってみることにしました。
大島に着くとあれだけ沢山あった氷が綺麗になくなってます。そこで船を下りてやり始めるとコンスタントに皆釣れはじめました。
私に来た一匹目はスリムな52cm。綺麗なアメマスです。ツキもあって楽しい釣りが出来ました。
12時に上がって昼食、休憩。午後は3時半頃出かけて大島前へ入りました。風もあり寒さも厳しい中での釣りでしたが何とか2時間ほどで7匹釣ることが出来ました。1日釣り三昧でしたがツキもありいい釣りが出来ました。
これで何処のポイントも出来るようになりました。今日入ったポイントは何処もそこそこ釣れました。まだ水は冷たく気温も低いです。暫く冷えそうですね。防寒対策はしっかりとしましょう。帰ったらまずはお風呂に入ることです。

私の解禁日
2010/05/05

脱ボウズ宣言です。
出ました!5日目にしてやっと。
記録更新ならずです。でも記録は作りましたけど。
午後3時渡船でヤイタイ島へ。朝から行っていたお客さんが電話をくれて2時頃から釣れ始めたとの事。
準備をして出掛けました。暫く釣れなかったのですが場所を変えながら探っていると南側の瀬で初のあたりがありその後20分ほどの間に4匹。今年最初の魚はアメマスの46cm。次が48cm、そして49cmと身長が伸びていきます。と言うことは次は?と期待したのですが4匹目は42cmとダウン。
一緒に行ったお客さんも隣に入ってすぐ釣れ、50cmオーバーを持っていかれました。
突然に釣れ始めましたが時は既に帰りの時間。帰りに小島の前で船を降り日が落ちるまでやりましたがなにもおこりませんでした。
5匹目は明日の朝釣れるでしょう?
今日は午後から北東の風になりました。
ボッケ辺りにあった氷が小島の前あたりまで流されてきました。大島の北側はだいぶ氷りもなくなってきました。明日あたり大島へ行けるかなと期待してます。今週末にはほとんどなくなるかもしれませんね。
とりあえずホッとしてます。

私は新記録更新中
2010/05/04

解禁から4日午前9時現在記録更新中です。
何かと言うと未だ魚の顔を見てません。その内釣れるだろうと思って大して気にもしてませんでしたが4日連続となってすこし・・・気になりだしましたね。
そんな事ですが今朝ボッケへ行ってきました。一緒に行ったのは韓国から来られた常連さん。
湖岸の散策路はまだ雪が残ってます。ボッケに着くと湖岸から100m位は氷りはありません。十分釣りになります。ボッケにはすでに先行の釣り人が居ます。そこでジカタへ入りました。近くへ行くとライズが見えます。湖岸に下りると盛んにライズしています。
気は逸ります。急いで準備をして立ち込みます。
ところが、入れ食いになるか?くらいに思って始めたのがまったく反応がありません。???なんで・・・どうして???
たしかにライズは遠い事は遠いんですが近くに居ないことはないでしょう。でもあたりも無いんです。
そんな感じで時間が過ぎていきます。ボッケの方が空いたので移動。
立ち込むと吹き始めた西風で氷が少し寄ってきましたが何とかできる状況です。そこで9時近くまで粘りました。結局韓国のソウさんが2匹中型のアメマスを釣りました。それだけ。
私には魚は寄ってきませんでした。という事で私には何時釣れるんでしょう。
午後からはさらに風が強まったようです。ボッケに行ったお客さん情報では氷が流れてきて塞がったような状況のようです。風向きに気お付けましょう。

解禁日
2010/05/01

解禁日が来ました。昨夜河原さん、鈴木さんと遅くまでついつい飲んでしまって(いつもですが)二日酔い気味に起きコーヒーをおとして準備。釣りシーズンの朝のパターンが始まりました。
朝方はまだ氷りも多くごく限られたポイントにしか入ることが出来ず地元の遠慮で近場でやる事にしました。やり始めて風が強まり寒さに震えるような状況にたまらず移動しかしそこも辺りはあるもののまったく乗る様子ではありません。2時間そこそこで切り上げました。夕方出直しましたが結局あたりが数回あっただけ。こんな初日は初めてです。
今日泊まられるお客さんが午後から渡船出来るとの事でオンネナイに入り数匹釣られたそうです。
今日のような天候であれば明日には北側の渡船は出来そうですね。とにかく氷が早く解けるのを祈りましょう。
東邦館でフライの販売を始めました。阿寒クラブの河原さんと飲みながら話していて売り上げは災害などの寄付金などにして少しかもしれないけど社会貢献しよう。と、オジサン達はいい酒を飲んだのです。
河原さんが色々用意をしてくれました。東邦館のロビーで売ってます。1個¥400、3個で¥1000.です。自分たちが何時も阿寒湖で釣っているフライです。趣旨に賛同してくださる方はどうぞご自分のフライを提供していただく事で参加していただくといいですね。お待ちしてます。

解禁前日
2010/04/30

今年もやってきましたね。明日解禁です。
湖の状況はやっと吹き始めた南風のお陰で少しは良くなってきました。
温泉街の湖岸は北風が吹かない限り十分釣りになる状況です。連休の間は天気も良さそうですので今日の様な状況が続けば大丈夫そうです。硫黄山川のインレットも氷りはありませんので北風が吹かない限り大丈夫そうです。小島の前ももう少しで開きそうですね。小島周りまで開いてくれるといいんですけどね。
そんな事で、少し希望が出てきました。船で割ってくれると早いんですけどね。
解禁日はやっぱり特別な日ですから良い釣りがしたいです。

予測は?
2010/04/27

今年は氷が薄いので早くに氷は解けるだろうと思ってましたが4月の寒さが雲行きを怪しくしてます。一昨年のような感じでしょうか何時の年も4月の気候が強く影響するのですが今年はこのあとの気候がどうなるかです。
気になるのは解禁日何処で釣りが出来るかあと数日にせまって気になるところです。基本的にはインレットが一番解けやすいでしょう。あと、風です。南風が吹けば氷りは北側へ流される。北風が吹けば南側へ氷りは集まると言うことになります。
南風が吹くと氷りも解けやすくなりますし南岸での立ち込みでの釣りはし易くなります。
今は遊覧船に頑張って貰って割って貰うことと暖かい南風が吹いてくれることを願うばかりです。南風が吹けばあっという間に解けてくれますから。
1日は何処へ入りましょうか。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME