0 おやじの釣り日記2010 + その他 / 阿寒国立公園 阿寒湖温泉 東邦館

阿寒湖での嬉しい一枚


館長が綴る徒然日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。
冬の時期はスキー関連の情報などもありますよ。
年間を通してお楽しみ下さい。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
春を呼び込む?
2010/04/14

4月も中旬を迎えてますが此処のところ冷え込んでいて気温では春を感じることが出来ません。
が、例年のように遊覧船による氷割が始まりました。これが始まるともうすぐ氷が解けて遊覧船が走り始め阿寒湖温泉の行楽シーズンが始まるのです。
私が子供の頃からこの作業が始まるとお客さんが来だすんだと思っていたものです。
氷上のイベントも終わり鹿達が群れで湖上を渡っています。
私はスキー場も終わりフライを巻きはじめています。一番楽しい時ですね。
もうかなり頭の中では釣ってます。大きいですよ。!???

友情〜スキー大会にて
2010/03/24

23,24とスキーの大会が行われました。23は第65回北海道選手権、24は阿寒スラローム。いずれも国際スキー連盟公認のFISレースです。
昨年も行われましたが今年は特別な意味を持つレースになりました。それは私が後援会長を務める北海学園札幌高校スキー部の出身の小松選手の引退レースになり同級生の湯浅選手が参加することになったからです。
トリノオリンピックでスラローム7位になった湯浅君は予定を変更して親友の為に駆けつけました。北海道選手権は小松君が優勝。第65代の北海道スラロームチャンピオンとなりました。湯浅君は途中棄権。24日の阿寒スラロームは湯浅君が優勝。小松君はミスをして大きく順位を下げましたが二人で優勝を分けあったのです。
小松君はまだ引退するのは惜しい選手ですが新たな人生を頑張ってほしいと思います。
湯浅君は今年のオリンピックは惜しくも出場できませんでしたがその実力は世界のトップに並ぶものです。次回のソチオリンピックでのメダルを目指して頑張ってほしいと願ってます。
二人の一つ上の先輩の私の息子も花束とシャンペンを持って応援に駆けつけました。
今回の大会は若者達の友情という感動が添えられたレースとなりました。
友情に乾杯!

氷下マリモ観察会
2010/03/08

毎年行っている阿寒湖中学校卒業間近の3年生を対象にしたマリモ生息地観察会を行いました。
中学校を卒業して新たな旅立ちをする子供達への卒業のお祝いのような気持ちで行ってます。
新たな世界へ飛び込んでゆく子供達にマリモと阿寒のすばらしい自然を改めて心に刻んでもらえたと思います。
新しい社会でガンバレ阿寒湖の子供達!

阿寒湖の春が近づいてきた。
2010/03/04

3月に入って春の雰囲気が出始めましたね。
今日、午前中明日行われる阿寒湖中学校の今年の卒業生対象に、毎年行っているチョウルイ湾での氷下マリモ観察会の準備でモービルで氷り切りに行ってきました。
モービルで向かう途中すぐ横に湯壷が開いてるのを発見。帰りに動画と写真を撮ってきました。
湯壷が開き始めると地元の私たちは春の訪れを感じるのです。
氷の厚さを見て今年の解禁時期の予測もある程度できるのです。
ほん氷(一番最初に氷る氷で透き通った綺麗な氷)の厚さは数センチでした。雪も少ないのでこのまま4月がよっぽど寒くならないがぎり5月の解禁日は氷の無いシーズンインが出来るでしょう。
期待しましょう。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME