阿寒湖での嬉しい一枚


館長が綴る徒然日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。
冬の時期はスキー関連の情報などもありますよ。
年間を通してお楽しみ下さい。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
モンカゲパターン
2011/06/14

今日は朝5時から硫黄山川へしかし向い風が強すぎて大島前へ移動。大島前は釣りやすそうですが魚の雰囲気がありません。少しだけやって馬の瀬へ移動ここでもライズはなかったのですが引っ張りでやっと一匹アメマスを。風が少しおさまってきたのでもう一度硫黄山川ワンドへ行ってみると良さそうなので少しやってみることに。
同行した佐伯さんがインレットへ向かいました。私も行ってやり始めて少したったころ佐伯さんに来ました。5番ロッドが引き込まれています。一瞬顔を出したとき口がとんがって見えました。アメマスではありません。50cm近いサクラマスでした。昨年の秋から見るとやはり10pは大きくなっています。何時見てもきれいな魚です。それで朝の部を終了。帰って、風呂に入り朝食を摂り1時間ほど休んで10時半からまた出撃?です。良さそうな雰囲気の小島へ渡りました。
船を降りるとモンカゲが流れています。よく見ると沢山流れています。そうすると当然ライズが・・・目の前でおこりました。
佐伯さんはドライをつけました。私は考えた挙句ニンフをつけて始めました。まもなくして二人とも釣るのです。佐伯さんのドライには5回ほど出て掛ったそうです。まだモンカゲを食べ慣れていないようです。しかし掛ったのは金色のアメマスです。その後1時頃までやりました。結局私がアメマス3匹。すべて50pオーバーでした。大きいのが出始めましたね。2Xのティペットを2回切られました。きっと大きかったと思いますよ???
モンカゲのシーズンですね。

ユスリカ&白樺花粉
2011/06/07

苦手なユスリカパターンも少し克服でき始めた?このところなのですが。
今朝、このところ好調な硫黄山川湾へ行ってきました。5時過ぎに行くと霧がかかっているものの微風の向い風と良さそうな状況です。そのとうり、やり始めると一投目からあたりがあり間もなく来ました。ゆっくりと銜えるようなあたりに合わせると重たい引きの手応え。なかなか姿を現さなかったのは50pオーバーの太ったアメマスでした。ユスリカをたっぷりと食べたのでしょう。
「これは今日もいいぞ!」と思っていると間もなく、目の前にユスリカの姿が見え始めるとそれがみるみる全体に広がりものすごい数のユスリカが湖面を覆い始めました。そのうちに少し沖目に茶色っぽい筋が見えてきてそれが少しづつ近づいてきます。30分もすると岸まで到達。一面白樺の花粉とユスリカの大群に覆われてしまいました。
こうなるととても立ち込んでいられる状況ではありません。沖目ではものすごい数の魚がライズしています。届く距離でもひっきりなしのライズが・・・
やめて帰ってきました。立ち込む気にもなれませんし、釣れる状況ではありません。
めったに見られないものを見せてもらいました。

5打数5三振
2011/05/31

やっと桜が散りかけてきた阿寒湖ですがまだまだ寒い日が続いています。朝の気温はまだ一桁です。
マリナーズのイチロー選手が不調のようですが、私もユスリカのパターンになって、まるで苦手のピッチャーを相手にしているように連続三振が続いています。5−5は今日の話で3日前から数えると3回出掛けてノーフィシュ。打数にすると結構なもんです。
今日は夕方2時間ほどでしたが大島前へいってきました。先客が4人ほど、その釣り人達を避けて馬の瀬へ。
入って行くと右手の方向でライズ。私の正面でもライズが見られます。6時頃でしょうか結構あちこちでライズが見られるようになりました。そこで昨夜巻いてきたフローテイングピューパをキャスト。
するとすぐに反応がありました。目の前10mほどのところで出ました。いい手応えでしたがすぐにばれてしまいます。その後もいい反応で出るのですがすべてばれるのです。すっぽ抜けもあるのですが、ナンでしょう???。合わせが悪いのでしょか?早い?…そのうちに今度は合わせ切れです。・・・で・・・結局5打数5三振という話です。私の横に入った方がソフトハックルで2匹釣られてました。腕の差ですかね。
そんな釣りでしたが悩んでいたユスリカのフローテイングピューパによく出てくれたのでそれは収穫でした。さっそく巻きますよ。

一日かけて
2011/05/25

札幌の河原さんと一日かけて北岸と大島の釣りとなりました。(私は阿寒湖で一日中釣りをした記憶がないのです。明日はきっと筋肉痛でしょう。)
最初は渡船で砂浜へ。いい感じと思ったとうりやり始めるとすぐに来ます。河原さんも好調。私の横で沢山釣ってます。私はというと一匹釣ってすぐに根掛かりでラインを切ってしまい、違うラインに取り換えたのですがこれがロッドとバランスが悪くタイプも違うのですっかり調子を悪くしてしまいました。
その後は移動しながらヤイタイの崎まで釣り歩きました。河原さんはどのポイントでもしっかり釣ってます。一番期待していたヤイタイの崎に着くと以外にも魚の気配が全くなくなってしまいました。そこで大島へ移動することに。船に来てもらい大島へ。
船を降りようとしている時に目の前で沢山のライズが起こっています。ユスリカのハッチが起きているようで風下の一定の場所で盛んにライズしています。
早速、二人でドライで始めますが河原さんは好調。ユスリカの釣りが苦手と決めつけている???私はやっぱりダメなんですね。何度か起きたライズの嵐でしたが結局私が釣ったのは札幌の石倉さんから頂いたワカサギドライで釣った54pのアメマスとソフトハックルで小型を一匹。
ユスリカのハッチは突然起こります。風の方向など気お付けて観ていなければライズを見落としてしまいます。
一日かけて色々な釣りを楽しむことが出来ました。
帰ってから今日が誕生日だったことを思い出しました。ケーキをいただいたのです。二人の美女に!。59歳になりました。ご苦労さんですか。まだまだです。

風を逃れて硫黄山インレットへ
2011/05/19

朝5時の渡船でヤイタイ島へ。無風でなかなかいい感じに見えたのですが反応はなし。一緒に行ったお客さんは早速釣られたのですが後が続きません。そのうち、風が強くなり始めました。北西の風はあまり良くはないのです。大島は風もあまりあたってない様子なので移動することに。しかし移動すると風が強まりここもダメ。残念な結果でしたが9時にあがりました。
昼には広島から来られている吉田さんの手料理で広島風お好み焼きです。ソースも持参していただき本格的です。いつも8泊の吉田さんは滞在中一度は作ってくれます。ボリューム満点でおいしいのです。
夕方は私一人で4時半頃硫黄山川インレットへ出かけました。風裏になるのでキャステイングもしやすいのです。やり始めてすぐに40p位のアメ。その後しばらくして50cmオーバーが釣れました。掛った時はすごく重くて「コイ?」と思わされるほどでした。姿もなかなか見せず期待しましたがネットに収まったのは普通の50pちょっとのアメマスなのでした。インターで引っ張りました。ドライでと期待してシングルも持って行ったのですがドライを投げたくなるような雰囲気はまったくありませんでした。日々状況は変わるんですね。

今シーズン初ドライ
2011/05/18

札幌と阿寒湖を行ったり来たりで会議が続いてました。何しろ1週間の間に3往復でして、でもしっかり間で釣りはしてましたけど。
解禁からずっと天気が悪く寒くて風邪なんぞ引いてしまったりしてました。でも悪い天気ばかり続くはずはないのです。やっと今日の朝雄阿寒岳から昇る朝日を見ることが出来ました。
そうなると、この時期はユスリカの登場となるのです。湖面のあちこちでライズガみられるのがユスリカの特徴とでもいうのでしょうか広範囲でライズガ始まるのです。
実は私はこのユスリカのパターンは大の苦手でして今朝もひたすら引っ張っていたのですがたまのあたりだけでフッキングしてくれません。ただ今日は私だけでなく他の釣り人も5名ほどいたのですが誰も釣れていなかったのが慰め?ではありました。いろいろ試してはいたのですがどれも効果なく最後に帰りの時間も迫った頃になってフライボックスから取り出したのが戴いたユスリカのドライパターン。これがききました。取り替えて間もなくです。あっさりと、簡単に出たのです。45p位のアメマスでした。
昨日はヤイタイに行ったお客さんが8時過ぎからライズの嵐で入れ喰いになったそうです。急に来たユスリカのハッチですがこれからしばらく続くのでしょうか。やっぱり私は苦手なのですが・・・
岸辺に花が咲き始めました。水芭蕉は今が盛りのようです。

硫黄山川ワンド
2011/05/10

今日は朝からめづらしくタイイングをしていました。今年のフライがそこそこに釣れているので少し作り貯めをしようと思い立ったのです。(思い立つなどめったにないのです?)何回か釣りをするうちにすこしづつ微調整が始まります。これが楽しい時間なんです。
そんなことで、タイイングが終わるとそのフライを試したくなるのがいつもの事なんです。
夕方5時ころ出掛けました。一昨日良かった硫黄山川のワンドです。誰もいません。時間も遅いしね。
いつもの立ち位置でいつもの方向へキャスト開始。
間もなく来ました。35p位でしょうか。40pには届かないアメマスです。そのサイズを4匹ほど釣った後でした。キャストしてちょっと沈めてリトリーブしようとした時いきなり持って行かれました。アメマスではないことは明確です。ニジかサクラかどちらかです。重たい引きでそれほどスピードはありません。ニジマスでした。51pですがコンデションがいいニジなら(ヒレピンなら)55p位にはなるだろうという感じです。簡単に寄ってきました。どのヒレを見てもちょっと可哀相。
その後もコンスタントにアメマスが釣れましたがどのサイズも同じようなのばかりでした。でもヒレピンばかりでしたけどね。早く大きくなってほしいものです。
1時間半ほどでした。楽しませてもらいました。水はまだ冷たいです。

病みあがりで
2011/05/05

1日の朝以来の釣りとなりました。先月末はいろいろあって忙しくしていたのですが解禁日とあって無理をしたのがいけなかったようでめったにひかない風邪をこのタイミングで引いてしまいました。
連休の忙しさもあって釣りをすることが出来なかったのですがお客さんに誘われるように出掛けました。途中ふらふらしながらの釣りでしたがボッケまで2回ほどポイントを変えながら様子を見ながら移動しながらの釣りでしたが最終的にボッケの一番いい場所に入ることが出来、そこで全員(5人)が釣ることができました。
湖面にはワカサギが流れているのを見ましたが途中にユスリカが流れているのを見ることもできました。たまのライズが何を食べているのかと思ってましたがモジル様子はユスリカを食べていたのでしょう。
今日の一番は山本さん。50p前後を連発してました。けっこう寒くて温泉に浸かりながらの釣りができるボッケはありがたい!!!

2011〜解禁日
2011/05/01

今年の解禁日は雨の中のスタートです。昨日夕方急遽来た石倉さんと朝4時起床、準備をして半頃に出かけました。目的地はボッケ。寒そうなので温泉に浸かりながらなどと思い描いていたのですが・・・
ボッケに着いてみると入りたかったポイントにはすでに先行の釣り人が・・・見ているとそのうちにロッドが弧を描いてます。う〜ん・・・しかたないよね。
隣のジカタは?と見るとやはりすでに釣り人が・・・
解禁日だもんね。4時起きなんてのが甘かった?
どこにしようかと悩む?事もなく桟橋の左の角へ。見える範囲で空いていたので。
でもそれが良かったのかも。やり始めると目の前でライズが頻繁にみられるのです。間もなく来ました今シーズンの一匹目。35p位のアメマスです。石倉さんにもまもなく来ました。私が動画を撮っていると連続してかけています。その後もバラシがあったりあたりも時々あり飽きることなく楽しめました。途中ジカタが空いたので行ってみましたがライズガ遠く届きません。すぐに戻って8時半ころまでやって寒くなったので終了。帰って風呂で暖まり朝食をとり寝不足を補い午後はひたすら休憩です。初日はこの程度としました。無理をせず。シーズンはまだまだこれからです。
そうそう。サクラの姿を見ることはできませんでしたね。冬に知り合いのワカサギ釣りをいつもしている人が「今年はサクラマスが良く釣れる」と言っていたのを思い出しました。彼にそうとう食べられた?

今年はこれでスタート
2011/04/22

2011シーズンも後10日ほどで始まるこの時期。冬から巻いてきた今年のフライをフライボックスの中に入れて眺めて何を思うかニヤニヤする時期です。
考えてみると3月頃には今年はこれで始めようと決めて巻き始め、この時期にはフライボックスの中はギュウギュウ詰めになっているんですね。
この時期がシーズンを目前にして一番楽しいのかもしれません。ロッド。リール、ラインその他もろもろの手入れやら準備。
そろそろ準備は万端に整う時期です。
今年は氷もなくなりいい状況で解禁日を迎えられそうなので楽しみなところです。魚もサクラマスが沢山釣れそうなのでそれに合わせたフライを巻いたり楽しい想像が頭をめぐっているのです。
そんなことで、私のフライボックスの中はことしはカラフルに(派手に)スタートです。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME