東邦館のおやじの釣り日記

2012
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
2012年解禁
2012/05/01

2012年の解禁を迎えました。準備万端で迎える予定でした。が、いつもの事ですが結構入れ込むんです。私・・・で、前夜からの入れ込みが睡眠を妨げ出遅れてしまいました。起きると外は明るいではありませんか。急いで準備。いつものコーヒーも諦め外へ。
急いでボッケへ向かいますが当然のごとく目指していたポイントには3人ほど立ち込んでいて釣れているのか奇声を上げています。
仕方なく手前の角へ入るも何事もなく時間が過ぎていきます。イメージは第一投で大きなアメマスが掛かると言う事なのですが・・・そんな事が起きるはずもなく・・・移動。
小島の前まで戻りましたがここでも何もなくフライを4個もロスト。いやな予感がよぎり始めます。この状況を続ける事は良くないという事で7時過ぎに帰りました。
解禁直後はいつもダメなんです。5日くらい釣れなかった時もありました。
休んで、午後から出発。朝どっちにしようか迷った大島前へ。
いい場所は既に7人ほどで満杯状態。左の誰も居ないワンドへ入りました。30分ほど何もなく過ぎたところで移動。さらに左へ、ワンドの向こうの崎、ナラノ瀬へ入りました。やり始めて15分ほど経った頃やっと来ました。今年の一匹目は35cmほどの小さなアメマス。記念写真を撮ってリリース。すると、次のキャストで直ぐにきました。これも似たような少しだけ身長を伸ばしたアメマス。その後数回あたりは続いたのですがあたりだけ。少し粘りましたが風も強くなり4時頃あがりました。とりあえづ釣れたので初日は良しとして上がりました。
この数日間気温が上がり野草も花を咲かせ始めました。湖岸の雪も明日あたりは解けてなくなってるかもしれませんね。水温は8度ほどでした。阿寒湖はまだこれから寒くなる事があります。5月はまだ雪が降る事がありますから寒さ対策は怠りなく。

準備万端?
2012/04/30

5ヶ月間の厳しい冬があけてやってきました。解禁!
阿寒湖以外では殆ど釣りをしない私としては明日が初日です。
今日もffmediaの昨シーズンの映像を見ながらリールにグリスを塗ったり、ラインの手入れ、ベストのセッテイング、ウエーダーを地下から出して、ほぼ準備は整った?・・・はず・・・。でも結構あるんです。明日の朝釣り場についたら・・・アッ!という忘れ物。
フライはほぼシーズン初めの準備は出来て、昨夜からはドライパターンを巻き始めました。
楽しいですよね。この時期、あの時間が・・・
解禁前日で誰か電話をくれるだろうと思っていたら、やっぱりありました。数人の常連さんから。
でも、今年の初日は私一人で出かけます。皆さん雪が多いという話から解禁直後は氷で出来ないだろうと予定は違うところへ入れている様子。久々に一人で釣り三昧となります。
今シーズンも宜しく・・・お願い!・・・お魚さん!

解けました!
2012/04/27

今日は朝から暖かく、9時頃からは明るい日が差し始めました。
「これはひょっとして」と思い湖岸へ行ってみると、湖面は波立っています。氷はどこにも見当たりません。ガレバの辺りに少し残ってますが、これで解禁日はどこに入ろうか迷うことになるわけです。
3日ほど小雨が降り続き今日は雨も上がって日が差して気温14℃。昨日の夕方はまだ残っていた氷が一夜にして解けて無くなったわけです。自然の力はスゴイです。
さあ〜本格的に準備をしなくては!!!

阿寒湖の春の音
2012/04/19

子供の頃からこの時期になると遊覧船が氷割をはじめて、私達には春が来ることを告げてくれる春の風物詩となっています。
今年は氷が厚いそうです。今日は北東の風が吹いたせいで砕けた氷が温泉街の湖岸に押し寄せていました。
釣り人にとっては解禁日に釣りが出来るのかどうか気になるこの時期です。
南風が吹いてくれると信じられない早さで無くなるのですが、
観光的には流氷のような様子が良いそうで・・・

冬眠?
2012/04/12

昨夜久しぶりに来られた札幌の河原さんと飲みながら話をしていて「館長ホームページアップしてないっしょ、やる気ないね」と一言。そのとうりで、まるで冬眠してたかのように何もアップしていませんでした。
実は自分でも「そろそろなんかしないとね〜」と思って3日前から巻き始めてました。
3日で55本。自分としては驚異的なスピードなのです。まだ解禁まで2週間以上ありますから…頑張りますよ!
今年は雪が結構多いのですが解禁日はどうでしょう。
もうすぐ観光船での氷割が始まります。
暖かくなって南風が吹くとあっという間に溶けるのですが・・・
状況はお知らせします。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME