2014_diary_cover

2014
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
足寄のトウキビ
2014/08/31

昨年も書きましたが、今年も始まってます。足寄のトウキビ販売。
私がいつも食べているのは「沼田牧場」さんがやっている国道沿いの売店です。
ここで売っているのは生のトウキビ3種類、茹でたてトウキビ、牛乳、蒸かしイモ、その他野菜各種。
その場で買って食べるのが一番です。全部おいしいです。お奨めですよ!

韓国の釣り人忠類川へ
2014/08/30

28日、釧路空港へ降り立った韓国メンバー。今回は10人と沢山の釣り人です。
29日は初めての忠類川へ朝5時に出発して向かいました。
なんだかんだで釣りが始まったのは8時近くなってました。
受付のおじさんに話を聞いても「釣れてないよ」と、あっさり。
釣り場に着いて見ても魚の姿は1,2匹。どうも期待できそうにはありません。
私はと言えば、川は苦手という事もあり道案内のドライバーに専念。
2時間ほど知り合いのところでお茶を飲んで戻りました。
釣れてないだろうと思っていってみると丁度戻ってきたメンバーが「全員釣りました。多い人は6匹」と!
実は彼らは川の釣りはうまいのですがこれほど釣れるとは!!!
この日、日本人は20人ほどいたようですが受付のおじさんに聞くと全然釣れてなかったそうです。
彼らに写真と動画を見せてもらいましたが確かにいいサイズを釣ってました。さすがですね。
彼ら、30日は音別川で一日過ごしたそうです。音別では
いいサイズの鮭を釣ってきました。脱帽です。さすが!

ひょうたん〜滝口
2014/07/14

久しぶりの滝口です。(釣りも久しぶりですが)
例年だとすでにユミモンは終わっている時期ですが東京から友人が来て午後からヒョウタン〜滝口と回ってきました。ヒョウタンでは友人はフタスジの釣りでドライで50p~60pクラスのニジをかけて楽しんでいました。私も3匹ほど大きなニジに遊んでもらいました。
夕方友人の連れがルアーという事もあり滝口へ行ってみました。
もう居ないだろうと思っていたユミモンがけっこう居ました。モンカゲも混じって結構な数飛んでましたね。でも、魚はそれ程でもなく状況から期待したほどの事は起こらなかったです。
そんな中で65pのアメマスが一匹だけ遊んでくれました。フライはカデイスピューパです。!!!???
そうそう、今日夕方今年初!ワカサギの新子を確認しました。エキサイテイングな釣りが始まる?

フタスジカゲロウ
2014/07/07

これから楽しませてくれるのがひょうたん沼のフタスジです。生まれたてはクリーム色でかわいいです。シッポも短いですね。

ユミモンヒラタカゲロウ
2014/07/07

もうすぐピークを迎える滝口のユミモン。
毎年この時期2週間ほど楽しませてくれます。
シッポが二本でモンカゲに比べると小さいです。

モンカゲが終わって
2014/07/02

先月の20日過ぎ頃から風邪気味になってそれが本格化して、
なにしろ齢なもんでぐずぐずと長引いてしまってほぼ10日ほど釣りもできずにいましたが今年もモンカゲはパッとしなかったですね。釣りから帰ってくるお客さんはほとんど期待外れに終わってしまった様子。
先月後半からユミモンはいつものようにスーパーハッチです。しかしこの釣りは本物が多すぎてなかなか難しいのです。
一昨日、昨日と久しぶりにお客さんと出かけました。
一昨日は小島へ。マラブーとゾンカーで38pと53pのアメマス。ブラックカデイスが沢山出ていたのでピューパでやってみるとウグイが2匹。
昨日はヤイタイ島へ6時半頃にわたりました。私の周りで盛んにライズがあります。水面直下で何かを食べているようで激しいライズではありません。時には5m位傍で起こるんです。浮いている虫は毛バエ等。カデイスがたまに飛んでいます。
いろいろ試して見事に出たのがユスリカのフローテイングピューパ14番。
10m以内で出るのでしっかり見えたのですが大きかったです。2回出たのですが2回とも合わせ切れ!!!
最初はティペットとリーダーの結び。2回目はリーダーに結びが出来ていたのをそのままにしていてそこが切れていたのです。3Xなので強度は問題なかったと思いますが完全に自分のミスですね。もっと丁寧な釣りをしなければいけません。
もうちょっとドライの釣りをしたいので近い内に今年まだ行っていないひょうたん沼のフタスジカゲロウの釣りをしてみたいと思っています。
引っ張りとドライとそれぞれ状況に合わせて準備をして出かけなければなりません。フライボックスの中は賑やかです。
もうすぐワカサギの新子も出ます。

寒いし、渋いし・・・
2014/06/17

あの、30度超えはなんだったんだろう。その後は寒くて今日もダウンジャケットを着て出かけました。
今日は韓国から来られた皆さんと小島へ出かけたのですがこちらの希望通りにはいく訳もなく思惑は外れるわけです。
状況は悪くわないのですが魚の気配はたまのライズだけ
時間が経ってもモンカゲは忘れた頃に飛んでくる。
と、まあ・・・愚痴をこぼしたくなる訳です。とにかく寒いんですね。水も冷たいです。
それでもフローテイングニンフに2回出ました。チョットだけ慰められた気がします。フッキングはしてくれませんでしたが。モンカゲを少し食べなれてきたんでしょうか。結局4人で1匹。一人別行動をしたルアーマンはまたイトウを釣ってました。今年は良くイトウが釣れています。

モンカゲがけっこうパラパラと・・・
2014/06/05

このところ気になるモンカゲなので夕方短時間だけ出かけています。今日は立ち込んでいるとけっこう…パラパラとハッチして飛んでいました。
まだモンカゲの釣りは出来ませんがもう少しでしょう。ニンフ、フローテイングニンフあたりの釣りが出来るようになるのはもうすぐの感じですね。
今はまだマラブーやらゾンカーを引っ張って釣っています。ユスリカの釣りが苦手なので…。それで結構釣れるんです。
この2〜3日暑いです。30度超してます。暑いのとっても苦手です。

今年の第一モンカゲ発見
2014/06/03

これはあくまでも私の中での今シーズン最初のモンカゲ発見です。
今日は夕方一人で出かけました。
そろそろモンカゲが出るはずなのでいつも早いうちに出る場所へ行ってみました。現場は東の風が若干強いですがベタ凪よりは良さそうです。先客が二人。その丁度中間に入りました。1時間半ほどの時間でしたが4回掛かってネットに入ったのは45p位のアメ一匹でした。体の周りはユスリカのシャックだらけ6時頃にはユスリカが飛び始めました。
。このポイントでは5年位前でしたでしょうか、5月の解禁直後にモンカゲを見たこともある場所なのです。ちょうどその頃にかけた一匹がネットに入ったのです。そしてそのあとすぐに私の目の前に流れてきたのが羽がきれいに伸びきれずにくねくねと水面を流れているモンカゲでした。そろそろが当たりました。
見たのは一匹でした。放すと湖面を流れていきましたが魚に食われることもありませんでした。モンカゲはまだ食べなれていないようですねマス達は・・・

50cmオーバーが
2014/06/01

この数日間好調が続いています。ある日は50pオーバーが連続、ある日は数も沢山という事でここ数日好調です。
30日は朝は東京の山本さんと二人で出かけ、山本さんは2投目でいきなり55pが釣れて2匹目は50p丁度、私も暫くして57pと今年の最大サイズ。
夕方は河原さんも加わって3人で賑やかに並んでの釣りになりました。
2時間位の時間でしたが大小数も出ました。河原さんがさすがという60p50pオーバー沢山。
私も後半50pオーバーの綺麗なアメが出て大小さまざまですが3人で賑やかに楽しい釣りが出来ました。
ユスリカが沢山出ているのでそれを食べているライズがあります。小さなライズですので波があると見分けずらいのですがよく見て探しましょう。湖岸の木の上はユスリカで煙のようになってます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME