2014_diary_cover

2014
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
きのうも今日も釣れましたけど…
2014/05/29

太陽って本当に温かいんですね。快晴の今日は車の温度計で昼頃24度でした。体感としては28度くらいに感じましたけど。
きのうは午後3時頃、出かけてボッケ近辺でユスリカが沢山出たのでしょうライズが沢山。あちこちで頻繁に起こってました。ライズの数と釣れた数は比例しませんけどね。でも楽しませてもらいました。
今日は又夕方出かけて先に行っていたお客さんたちと合流。4人で結構楽しい釣りをしました。昨日とは違いライズはあまり見られませんでしたが私は昨日より沢山釣れましたね。最初に釣れたのが鰭ピンのニジマスでした。今年初のニジマスはジャンプも見せてくれて楽しませてくれました。夕方は5時過ぎころから食いが良くなってくる感じです。
岸の木の上はユスリカで煙のようです。

阿寒湖小学校マリモ生息地観察会
2014/05/29

毎年行われている地元小学生6年生のマリモ生息地観察会が行われました。
9時に小学校を出発。今回はテレビ局、新聞社、釧路市広報室などたくさんのマスコミ関係の皆さんも取材参加してくれ関心の高さを感じました。
最初にチュウルイ湾を訪れ打ち上げられているマリモを保護して船の上から湖に返してあげたり覗きメガネで湖底のマリモを観察したり学芸員の若菜先生からマリモの生態の話を聞いたり色々と体験してもらいました。
そのあと、シリコマベツ湾に戻り初めてマリモが発見された話や最初に絶滅したことの話、そして昔のシリコマ別の話マリモを護る為に沢山の努力がなされた話など短い時間でしたが阿寒湖の色々な話を聞いてもらいました。地元の子供たちだからこそ体験できる貴重な時間だったと思います。

きのうは釣れたんです。
2014/05/27

阿寒湖は桜が散り始めました。毎年の事なんですがこの時期はスキー関係で出歩くことが多い時期なんです。札幌、東京と会議で出てました。
26日の深夜に帰宅して26日は地元の行事で一日出ていたのですが夜、長野から来られている常連さんに聞いたところボッケで大漁したとの事。それも50pオーバーが沢山釣れたとの事で今朝早速行ってきました。
ところが現場に着くと結構な風と波です。でも魚は居るだろうと思って始めましたが何の反応もなく30分ほど経過。おまけに風がさらに強くなったので移動することにして小島の前へしかしここも全く反応なし。アタリくらいあってもいいんですがね。
それでさらに移動してボッケの崎へここでは目の前で細か?なライズが頻繁に起こります。あきらかにユスリカを食べているライズです。
先週私の部屋のカーテンにユスリカが居ましたからね。
しかしこれは私の一番苦手な釣りなので半分あきらめながらあの手この手でキャストを繰り返しましたがやっぱり私にはアタリもありませんでした。
同行した浅利さんご夫婦の奥さんが掛けましたがバラシ。
そのうち風も強まり体が冷え切ってきたので帰る事に。
帰宅してまっすぐ風呂に浸かりました。
一日遅かったんですね。昨日は釣れたんです。

好調〜不調〜また好調
2014/05/12

先日の好調が続くかと思っていたのですが10日11日と不調。快晴ベタ凪ではどうにもやりようがありませんでした。一昨日から仙台から来られた太田さんと同行。今日も朝ボッケに着くとベタ凪。それでも曇りで結構肌寒く立ち込むと水は冷たい。水温は8度。さて魚達のご機嫌は?
釣り始めると微風が吹く初めて来てあちこちでライズも始まりました。一投目からアタリがありスピードを調整して引いていると来ました。3投目に早くも来ました。機嫌は良さそうです。湖面には小さな虫が浮いていてそれを食べているようです。
その後も好調は続き8時頃まで続きました。良かったフライはチャートリュース、ブラックのマラブー。
ドライの雰囲気が出てきたようで・・・
久しぶりに温泉ゆで卵をしました。ボッケならではです。美味しいです。
帰りは水芭蕉の群落を見て帰ってきました。

上向き状況?
2014/05/09

解禁から10日が過ぎようとしています。まだ湖岸には雪が残っていますが日当たりのいい場所では野草が咲き始めています。
今年は中々思うように釣行が出来ていませんが今日、常連の大平(おおだいら)さんと今年初めて渡船に乗りヤイタイ先へと向かいました。
4泊5日の釣行で沢山釣られた大平さんはルアーマンですが東邦館のフライマンに触発されてフライも始められました。
今日はすでに沢山釣られているのでフライでの釣りとなりました。
昨日沢山釣れたヤイタイ崎だそうですが今朝はさっぱりです。やっと一匹釣りましたが南東の向かい風もあり釣果も今一なので1時間ほどで移動することにしてボッケ方面に向かいました。
ボッケの崎で降りて30分ほどやり2匹。
移動してボッケの定番ポイントへ。
ここはさすがナンバーワンといわれるポイントです。一投目からアタリがあり3投目で掛かりました。それからほぼ2〜3投に一匹という感じで釣れ30分ほど楽しい時間を過ごしました。
それも収まって雨が降り始めたので帰ろうという事になり帰り道を歩き始めたのですが小島の前の角で良さげな雰囲気についつい寄り道?
ここでまた30分ほど遊ばせてもらい2匹釣ったところで今度こそ本当に帰る事にしました。ボッケ近辺はどこも良かったですね。5月も中旬になって良くなってきましたね。

初日
2014/05/01

5月1日、解禁日、初日なのに何故か気合が入ってない?
朝4時40分の目覚ましを無視?して眠り続け起きたら8時半。
その後昼頃に着いた山本さんと午後から出かけました。私が寝ている間に氷はすっかりきれいに解けてなくなっていました。幸い?
風が強いので所どころ雪の残る遊歩道を歩いて小島の前へ。
様子を見ながら少しづつポイントを移動しての釣りです。
小島の前で最初のあたりが来ました。いい手応えなのでリールファイトに持ち込もうとして失敗、逃げた魚は大きかった!…と、思います。
そのあと35cm位のを一匹今年最初の一匹となりました。その後また移動してボッケの角へ入ってここで44p、48pとたっぷりとワカサギを食べたようなお腹のアメマスでした。
初日としてはこれ位でいいでしょう。上々です。4時半に終了。
氷は見事に無くなりました。朝出られなかった渡船も明日からは大丈夫そうです。夕方にはモーターボートが沢山走ってましたから氷が無くなったという事です。わずか数時間の間に北側に見えていた白いラインも消えてしまいました。明日からは全開ですね。

大島前
2014/04/29

大島前へ行ってみました。
大分解けています。この感じだと北風が吹かなけれ釣りにはなりますね。
フクジュソウが咲き始めました。フキノトウも大きくなってきました。

北風が吹くと・・・
2014/04/29

北風が吹くと湾の中に氷が流れてきて流氷状態です。
一昨日と今日の違いが分かりますね。
これの繰り返しですがもうすぐ無くなるでしょう。
今日は正午現在で17度あります。

もう・・・少し・・・
2014/04/27

ここ数日日中は暖かい日が続いてます。
おかげで大分解けてきましたが、まだまだですね。
ボッケ、大島前などはまだ氷に覆われています。もう少しですね。

シーズンを迎える準備があちこちで進んでいます。
ランドの桟橋が模様替えをしています。
東邦館の「希望という名のフライ」も3分の1位揃いました。河原さんのフライ待ちです。
昨日今年初めての行者ニンニクをもらい食べました。
やっと春を感じ始めたところです。

バタバタと巻いてます。
2014/04/25

あと一週間で・・・2014シーズン解禁!
というこの時期になって少し焦りつつ巻いております。
今年は冬の間に全く巻くことが出来なかったのは?
正直・・・アイデアが浮かばなかったこともあります。老化現象?でしょうか。
しかし…やっぱり…この時期になるとさすがに巻かなきゃとなって一生懸命???巻いております。
阿寒クラブの河原さんとはじめた「希望という名のフライ」も3シーズンで10万円を超えることが出来たので今年も頑張って巻いて寄付させてもらいます。フライマンの皆さんご協力お願いします。
もちろんラインナップは阿寒湖で釣れるフライをそろえております。。
氷はまだ沢山ありますが昨日のような天候が続けば解けてくれるでしょう。期待しましょう。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME