2015_diary_cover

2015
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
葦際
2015/06/07

午後3時半頃出かけて大島前へ。
北西の風が少し吹いています。馬の瀬へ入り様子を見ますがライズはほとんど見られず全く気配がしません。諦めて風下の葦際に入りました。15分位して右の葦の中でライズが起こりました。けっこうなサイズと思われるライズです。
そこでその葦の際ぎりぎりにマーカーを付けて落としました。すぐにアタリがあって合わせるといい引きが伝わってきます。綺麗な金アメは48pありました。写真を撮ってリリース。
すぐに戻って同じところに投げるとこれがすぐにアタリがありこれが、全く同じサイズで若干メタボなアメマス。
後半は戻って大島前へ入るとユスリカと小さな虫は急にハッチしはじめ一時は口の中に入ってきそうな状況になりました。そうなると当然魚は活性化します。あちこちでライズが始まりそれと共に当たり始め一時楽しませてくれました。合わせ切れがあったり強引な引きで切られたりフライも4個ロストしてしまいましたがそういう釣りの方が楽しいかもしれませんね。
この3日ほど寒いせいかモンカゲの姿は見れませんでした。もうそろそろなんですけどね。

やっぱりユスリカ
2015/06/02

日曜日はヤイタイでユスリカのハッチに遭遇。一時面白い釣りが出来ました。今日は朝6時にお客さんと出発して大島前へ。天気もいいのでユスリカのハッチを期待してポイントへ向かいました。
釣り始めの頃はライズもなく静かな状況でしたがやり始めると私の引っ張っているマラブーには何回ものアタリが続きます。
そのうちユスリカが飛び始めると私の周りでは時には竿先くらいの近さでライズが起こるようになってきました。
あまりにも近いのでルースニングにセットして黒のマリモを付けて再開。するとすぐに掛かりました。ピューパ系のフライなのでいいんですね。
お客さんは沈めて引っ張っているのでソフトハックルを薦めるとそれに来ました。それも50pオーバーです。今日で帰えられるんですが今回の最大となりました。9時近くまでやりましたが私は5匹。50pには届きませんでしたが…
沢山のライズに囲まれながらの楽しい時間でした。

ユスリカ発生で束の間の…
2015/05/31

昨日、全く駄目だったヤイタイへ今日はいいだろうと思い渡船。
思惑通り着くとすでにユスリカが出ていて至る所でライズが始まっています。
さっそく始めますが早々簡単に釣れるわけではありません。いろいろ試してみます。
フローテイングピューパ、ピューパ、ソフトハックル、マラブー、インターで引っ張り、フローテイングでいろいろ。
結局、マリモ(ピューパ系)のルースニングが一番でした。次はビーズヘッドのマラブー(黒)をゆっくり引っ張りで。1時間くらいの間でしたが面白い釣りが出来ました。急に雨が降ったり、風が吹き始めたりでしたがはれて風も収まるとユスリカのハッチが始まります。そうするとライズも始まるわけです。

マリモ観察会
2015/05/26

毎年行われている阿寒湖小学校6年生のマリモ生息地観察会を行いました。
今日は天気も良く快晴の中で6年生9名とマリモ再生協議会のメンバーの方そしてマスコミの方々等の参加もありました。
チュウルイ湾に行き湖岸のごみを拾い岸辺に打ち上げられているマリモを水中に戻してあげるなどし、船に乗って沖の生息群落を覗きメガネで観察したりしました。
最後にはシリコマベツ湾に立ち寄り町やマリモの歴史などを勉強。
後世に残すべき阿寒湖の自然の大切さを学んでもらいました。

状況は悪くない
2015/05/20

朝4時45分いつもはもうちょっと早く起きてコーヒーをおとして歯を磨いて着替えてと準備するところが昨夜頑張ってフライを巻いていたら遅くなり寝坊をしてしまいあわてて準備をしてランドへ向かいました。
今日もハーデイングさんとの釣りです。大島へ向かう事にしました。下船して北側のワンドの中間辺りへ入った時にはユスリカが沢山ハッチしていてユスリカを食べるライズも頻繁に起きているのですがさっぱりフライには反応してくれません。ユスリカの苦手意識もあり、風も強くなってきたので早々に上がって車で硫黄山川へ入りました。
好きな場所はやる気も出るものでここでアメマス2匹。ハーデイングさんも一匹。
腹も減ったので帰って食事。
午後はゆっくりしすぎて3時過ぎに出かけました。大島前を通ると状況が良さそうなので入る事にしました。ここでも2匹。
ハーデイングさんはカラスの被害にあってしまいました。
釣りをしていた時に何か棒のようなものを銜えたカラスが大島へ飛んで行ったのですがそれは実は彼女のバッグに入っていたパンだったのです。あがる時に分ったのですがあのカラスがバックの中身を全部出してパンを持って行ったのです。それも中身のほとんどは水の中でした携帯は丁度水に入った状態でした。
釣り場に荷物を置くときは気を付けてください。カラスはどこかで見ています。わずかでも空いているとそこをこじ開けて食べるものを探します。要注意!

雰囲気はいいんです。
2015/05/18

1年半ぶりに来られたハーデイングさん。フライフィッシングも同じく1年半振りとの事。
道具のチェックも大変だったようです。
と、いう事でまだまだ寒い阿寒湖ですが今日は天気も良くまずまずです。
朝の5時出発でボッケへ向かいました。ここのところ状況は良くなってきていて皆さんそこそこに釣っているようですので期待は膨らみます。
平日という事もありポイントに着いて見ると貸切状態さっそく始めましたがライズはみられず嫌な予感がよぎります。
それでも開始まもなく私に来ました45p程のアメマスです。その後1時間ほどやりましたがたまにアタリがある程度なので移動をする事に。
小島の前のポイントに入るとたまのライズ適度な向かい風で産卵後?の死んだアメマスが時折流れてきます。ここでも開始まもなく私に先ほどと同じようなサイズが釣れました。
結局、風も強まってきたので朝の部は終了。
ハーデイングさんは夕方一人で出かけていいサイズをゲット1年半のご無沙汰のあいさつは済まされたようです。

思い立ったが吉
2015/05/12

長野から来られた常連の則松さんと午後釣り談義をしていました。話をしているうちに釣りがしたくなり急遽出かける事になりました。
もう午後の3時なので急いで出かけました。私的事情で5時には帰らなくてはなりません。
車で出かけて向かったのは車を降りてすぐにできる硫黄山川インレットです。
私の好きなポイントに立ち込みまもなく最初のあたりがあったのですが2,3回首を振られてアウト。ラインアウトでした。
暫くしてきたのは47pのアメマス。今度はキャステイングしながらポイント移動。当たる場所を探します。
だいぶインレットに近づいたところで来たのがサクラマス。いい日です。サクラ咲く阿寒湖のサクラマス。
その後、また戻って小さいアメマスを一匹追加して寒くなったこともあり終了。
向かい風の中でしたがその方が魚は近くに居るようです。

今日の一匹目は…
2015/05/02

今日は常連さんと朝5時渡船でヤイタイ島へ。
快晴の下でコーヒーを飲み準備をして立ち込みます。最初は手前からという事で膝くらいのところからキャステイング開始です。
ところが!なんと!開始一投目にアタリが!!!
それも結構いい引きです。たっぷりとワカサギを食べたんでしょう。ネットに収まってくれたのは50オーバーのアメマス。
今年の初アメです。一投目で50オーバーのアメマスです。その後に期待してるのは私ばかりではありませんよね。
でも、そうなんです期待は見事に裏切られるわけです。やられましたその後は何事も起こらず9時に渡船が迎えに来るわけです。
今日の一投目は今日の最後でもあった訳です。

pm12:30〜15:00
2015/05/01

気を取り直して午後の部です。硫黄山川船揚場へ入りました。向かい風でしたが実績のあるポイントなのでキャステイングを繰り返していると来ました。いい手応えです。今年の一匹目は50オーバー?と期待感を持った途端にフックオフ。アタリもあるので更にキャステイングし続けます。暫くして電話が鳴った時に掛かりました。魚からの電話?だったのでしょうか?(そろそろ行くよ…と!)
ネットの収まってくれた今年最初の魚は40pクラスのニジマスでした。綺麗な魚体です。
風も強くなってきたので3時頃に初日を終了。
ボーズは免れました。

am5:00〜7:00
2015/05/01

解禁日ですから張り切って出たのが4時半でした。遊歩道を歩いて様子見でしたが
何処のポイントも釣り人が居ます。当然ですけど皆さん早起きなんですね。
隙間を探して結局ジカタへ入りました。ライズがあったので迷わず入ったのですが2投目にアタリがあったのみでその後は何事もなく過ぎていきました。同行した友人がウエーダーに穴が開いたらしく水温5度には耐えられそうもないし、魚も居ないしという事で朝の部終了!

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME