2015_diary_cover

2015
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
解禁日前日
2015/04/30

今日は朝釧路へ行ってもろもろ用事を足して、午後、帰り道は山菜を探しながらあちこち寄って帰ってきました。行者ニンニク(地元ではアイヌねぎと言います)が少し取れました。これで元気をつけて明日の解禁日をがんばるのです。
帰って来てから大島前を見に行ってきました。ほんの一部氷が残ってはいますが釣りには問題ないでしょう。
明日の朝、何処に立ち込んでいるのか、一匹目は何が釣れるのか、サイズは?大きさは?・・・
明日の報告を見てください。・・・・・お楽しみに!

阿寒湖の湖水開き
2015/04/29

今日は快晴、暖かな一日です。春を一段と感じる日になりました。
朝には無料循環バスの出発式がありその後恒例の阿寒湖湖水開きとなりました。11時頃に沢山流れていた大きな氷の塊も13時頃にはなくなっていました。
今日のような天候だとみるみる氷が解けていくようです。

一晩でこうなります。
2015/04/28

動画で見ると良く解ると思いますが昨日とは大違い。
暖かくなって南風が吹くと驚くほど解氷が進みます。
船で割っていないところはまだ残っていますが解禁日はこれで一安心というところですね。
毎年気のもむ事ですがもう安心です。
解禁日はどこに立っているんでしょうか。
一投目でヒットなんて考えています。(マジです!)

春の訪れ
2015/04/27

今日は暖かくあちこちに春の訪れを感じさせてくれる印しが見え始めました。

2日で一気に
2015/04/27

スキーの関係で東京へ行ってきました。
2日ほど留守にしましたが、今日,阿寒湖を見るとたった二日の間に暖かかったせいでしょう、一気に氷が解けています。
北風が吹いていますので南側の温泉街側に氷がたまっていますがスキー場へ行き上から見ると良く解ります。

希望という名のフライ
2015/04/21

阿寒クラブの河原さんと酒を飲みながら「ちょっといい事しようか」と言って始めたフライの販売。
売り上げをユニセフに寄付し始めて4年で¥147、000−。になりました。
買って戴いた皆さん、ご協力ありがとうございます。
今年も先日、長期出張中の河原さんから送られてきました。私はのんびりしていたので今あせって巻き巻き中です。
ユニセフからいろいろ資料が送られてきます。恵まれない子供たちのために何か役に立っているといいですね。
昨日の夜に今年の展示をしました。
人気抜群、実績抜群の河原さんの「ひげフライ」の横に親父のフライが鎮座しております。
釣れますよ!???
皆さんご協力よろしくお願いします。釣れるフライの提供のご協力も歓迎してます。

遊覧船で砕氷
2015/04/20

阿寒湖の風物詩ともなった遊覧船での氷割が始まってます。
これが無ければ5月の解禁は遅れるでしょうね。
今年の大雪はまだ沢山の雪を湖岸に残しています。きっと解禁日は雪の上を歩きながらポイントへ向かう事でしょう。
今は遊覧船によって割られた氷が風向きによってあっちへこっちへと行ったり来たりしていますが気温の上昇と共に暖かい南風が吹けばあっという間に解けてくれます。
まだまだ冷たい水に浸かっている自分を想像して、
大きくロッドを曲げている姿を想像しながらしっかりと準備をしましょう。
怠りなくという事ですが私は実は準備不足な状況であります。チョット焦ってます…。

春に向かって
2015/04/06

記録的?ではなくて記録です。今年の冬は大雪に見舞われた阿寒湖でした。
まだ雪はこれからも降るんですけどね。我が家の周りも街中も湖岸もまだ沢山の雪が残ってます。
でもこれからの気温と南風次第であっという間に無くなる事もあります。
5月の解禁に向けて南風を期待しましょう。

厳寒、快晴
2015/01/03

今朝は7時の時点で23度を記録しました。(もちろんマイナスですよ)
太陽が顔を出すとその暖かさに心も体も温められます。
でもさすがに23度は痺れます。これから2月に向かって気温は30度を目指して?下がり続けます。が、太陽が出る確率は上がってきます。
寒さのおかげで湖も年末から凍りました。ワカサギ釣りも始まっています。
冬のワカサギは私も大好物です。美味しいですよ。
ぜひお試しあれ!

謹賀新年
2015/01/01

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
楽しい釣りが出来ますように皆様、お付き合いよろしくお願いします。
昨年の不漁?を取り返したく考えております。
また新たな世界へ一歩進もうかとも考えております。
夢を持って過ごしたく思います。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME